高齢者や子どもたちへ「思いやり立寄所」 若松、多目的トイレ設置

 
26日にテープカットされるさくら事務所

 会津土地建物顧問の斎藤斗志郎さん(77)が、高齢者や子どもたちの立ち寄り先をつくろうと、会津若松市上町に、無料で利用できる多目的トイレを備えた「さくら事務所」を開設する。26日にセレモニーを行い、関係者がテープカットする。

 貸事務所として使用していた建物を、車いすでも出入りしやすいよう改装した。幼児を連れた子育て世代にも配慮して、多目的トイレにはおむつを交換するための設備も整えた。観光客の利用も想定しており、駐車場も設けた。

 多目的トイレを設置するきっかけは、斎藤さんと親交があるエッセイストで作家の大石邦子さん(会津美里町)の著作。車いすで利用できるトイレが少ないことを知り、誰もが安心して事務所を利用してほしいと整備した。

 事務所代表は斎藤さんが務める。不動産コンサルタント、宅地建物取引士としての長年の経験を生かして、事務所で不動産や部屋探しなどの相談にも無料で応じるという。

 事務所の開設時間は午前9時30分~午後4時30分ごろ。不定休。斎藤さんは福島民友新聞社の取材に「地元のために少しでも役立ちたい。会津若松が思いやりのある優しいまちになるよう貢献したい」と意気込みを語った。