台風12号、温帯低気圧に 25日の福島県内、暴風や高波に警戒

 
台風12号の影響で防波堤に激しく打ち寄せる波=24日午後0時40分ごろ、いわき市・四倉漁港

 台風12号は24日、房総半島沖から関東の東の海上に進み、同日午後3時、温帯低気圧に変わった。今後は前線を伴い、発達しながら三陸沖に進み、26日にかけて北海道に接近する見通し。引き続き大雨の恐れがあるほか、東日本から北日本の広い範囲で強い風が吹く可能性があり、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 福島地方気象台によると、25日の県内は各地で雨が降り、浜通りと中通りで朝から暴風となる見通し。海上は大しけが見込まれ、暴風と高波、河川の増水などへの警戒を呼び掛けている。昼前から夜の初めまでの予想雨量は、中通りと浜通りで1時間当たり15~20ミリ。日中も気温が上がらず、最高気温は郡山市で18度、福島市と相馬市で19度の予報となっている。