イオンモール計画、7人が意見 伊達で都市計画公聴会

 

 伊達市堂ノ内地区に出店計画のある大型商業施設「イオンモール北福島(仮称)」建設に向けた地区計画策定に伴い、市は24日、市役所で都市計画公聴会を開き、市民の意見を聞いた。

 公聴会では、市の担当者が計画の概要を説明した後、公述人7人が意見を述べた。賛成の立場は5人で、それぞれ「県北地域全体で活性化の起爆剤になると期待している」などと計画推進を要望。反対の2人は「もともと近隣市町の疲弊を生み出す。県まちづくり条例にも違反する」などと、再考を求めた。

 市は公聴会の意見も踏まえて計画案をまとめ、県と協議しながら年内の策定を目指している。