「福島ビエンナーレ」9月26日開幕! 白河で現代アートの祭典

 
開幕を祝う関係者

 現代アートの祭典「福島ビエンナーレ 風月の芸術祭in白河"祈(いのり)"」は26日、白河市で開幕する。市内各地で有名アーティストの作品を楽しめるほか、インターネットでの作品鑑賞もできる。11月3日まで。

 芸術祭は、ヤノベケンジ氏や小松美羽氏、伊藤有壱氏ら有名アーティストが参加。ヤノベケンジ氏とダルライザーが協力した拡張現実(AR)作品や、各アーティストが絵付けした白河だるまを商店街に展示する「アートだるま展示」などが市内を盛り上げる。

 同市のマイタウン白河で25日、オープニングセレモニーが行われた。鈴木和夫市長や渡辺晃一芸術監督らがテープカットを行い、芸術祭の開幕を祝った。