ラジオで発信!福島東稜高生が企画・演出 ふくしまFM放送へ

 
福島東稜高の魅力などを話す生徒ら

 福島東稜高生徒は、ふくしまFMで放送される番組「福島東稜高校presents夢への助走」の収録を同校で行っている。生徒が主体となり番組の企画や演出を行い、同校の特色や魅力を発信する。

 24日には、10月に放送される4回の番組を収録した。8人の生徒とふくしまFMアナウンサーの矢野真未さんが掛け合い、番組を進行させた。「字がうまくなる方法は?」と生徒が質問し、同校3年書道部の阿部莉央部長(18)は「字のはねやとめを意識する」と答え、書道のこつを説明した。

 番組は9月1日に始まり、毎週火曜日午後6時10分~15分にFMふくしまで放送されている。放送期間は1月まで。放送終了後に同校ホームページに番組の音源が公開される。問い合わせは同校アドミッションセンター(電話024・535・3316)へ。