東北道・国見SA下り線...内装は『宿場町』 9月29日オープン

 
再オープンする国見SA。「山の本陣」をテーマにした商品が並ぶ=25日午後、国見町・東北道下り線

 25日に関係者向けの事前試食会が開かれた東北道国見サービスエリア(SA、国見町)。商業施設では県産品が多く提供され、県内外から訪れるドライバーらに福島の良さを発信する。

 下り線の商業施設は「山の本陣」をテーマに装飾されている。内装は宿場町がモチーフで、土産エリアや建物の中にいながらキャンプの雰囲気を味わえるフードコートなどが並ぶ。

 事前試食会はネクセリア東日本東北支店が主催し、8店舗が商業施設で提供する商品を紹介した。肉や牛タンを使ったキャンプ飯風の料理や、県産の地鶏を使った釜飯が提供された。

 ネクセリア東日本東北支店の丸山翔平さんは「ドライバーの方だけではなく、観光客の方も楽しめる施設にしたい」と話した。

 施設にはフードコートや土産売り場のほか、県産の農作物や果物の直売所もある。商業施設は、下り線が29日、上り線が10月28日にオープンする。時間はいずれも午前10時。