菅首相、廃炉作業の現場確認 福島第1原発、処理水説明受ける

 

 菅義偉首相は、東京電力福島第1原発の視察で1~4号機の廃炉作業の現状や放射性物質トリチウムを含む処理水などについて説明を受け、「大変な作業だと思うが、安全、着実にやってほしい。国も今まで通り前面に出て全力で取り組んでいきたい」と述べた。

 小早川智明社長らが説明した。首相は、処理水が入ったボトルを実際に手に持ちながら、トリチウムの濃度や汚染水の浄化過程などについて聞き取った。また、排気筒の解体や処理水を保管するタンクを建設中の「G1タンクエリア」では処理水の保管状況やタンクの建設状況について説明を受けた。