研究施設舞台にコスプレ ロボットテストフィールドでイベント

 
研究施設を舞台に撮影に臨むコスプレイヤー

 南相馬市は26日、同市の福島ロボットテストフィールドでコスプレイベントを開いた。市内外から約100人のコスプレイヤーやカメラマンが集結し、さまざまな研究施設を舞台に撮影した写真を会員制交流サイト(SNS)などを通じて発信した。

 来年度に福島ロボットテストフィールドを会場に開かれるロボットの国際大会「ワールドロボットサミット2020福島大会」に向け、機運醸成を図ろうと市が企画した。

 会場では、近未来から訪れたサイボーグなどに扮(ふん)したコスプレイヤーが集まり、SNSではハッシュタグ「#福島ロボットテストフィールド」などを使い、情報発信していた。