地元の栗やコメで新作おはぎ販売へ 太郎庵、農家応援ネット販売

 
「会津栗モンブランスーパーおはぎ」

 お菓子の蔵太郎庵(会津坂下町)は、苦境に立たされている会津の農家を支援するため、地元の栗とコメを使った新作のおはぎを開発し、小口資金を募るクラウドファンディングを通じて販売するプロジェクトを展開している。

 販売商品は「会津栗モンブランスーパーおはぎ」で、農家と栽培から関わってきた会津栗と、農家から直接買い付けした会津有機米を使用した。会津有機米と北海道十勝産小豆のつぶあんを使ったおはぎに生クリームを合わせ、その上にたっぷりと会津栗のモンブランペーストを絞った。

 東日本大震災や新型コロナウイルス感染症の影響で消費が低迷する中、おはぎの販売を通じて農家を応援する。応援購入は6個入り5400円(送料込み)から。期間は10月18日まで。6種類を用意しているが、目標達成で終了する場合がある。

 クラウドファンディングの申し込みはMakuake(https://www.makuake.com/project/taroan‐1/)へ。

 プロジェクトに関する問い合わせは太郎庵(電話0242・83・3267)へ。