小学生向けジュニアクラス新設 ラグビークラブ・会津ラガー

 
ラグビーボールを持って走り、タックルをかわす練習に励む子どもたち

 小学校にラグビー部が少ない会津地域で子どもたちにラグビーを楽しんでもらおうと、会津若松市のラグビークラブ「会津ラガー」は本年度から、小学生向けのジュニアクラスを新設した。メンバーが子ども向けの「ミニラグビー」や「タグラグビー」の練習に励んでいる。

 昨年日本で開催されたラグビーワールドカップをきっかけに「子どもにラグビーをやらせてみたい」との声が寄せられたことを受け、ジュニアクラスを設けた。

 27日は同市の鶴ケ城運動公園多目的広場でミニラグビーの練習が行われ、小学3~5年生の男女5人が参加。ラグビーボールを持って走り、タックルをかわす練習などに取り組んだ。

 ミニラグビーの練習は毎週日曜日の午前8時30分~同10時。タグラグビーの練習は月1回で、曜日や時間は決まっていない。場所はいずれも同市の運動施設。

 会津ラガーはジュニアクラスの見学や練習体験を受け付けている。問い合わせは会津ラガーへ。