フラワーアレンジメントに挑戦 地元産花に理解、猪苗代の児童

 
フラワーアレンジメントに挑戦する児童たち

 猪苗代町の千里小の3年生18人は27日までに、同校でフラワーアレンジメントに挑戦した。

 県花き振興協議会の主催、JA会津よつばの共催。農林水産省の次世代国産花き産業確立推進事業の一環。地元産の花に理解を深めて感性を育む花育事業として開かれ、今年で4回目。

 湯川村でフラワーアレンジメント教室を主宰する神田和子さんが講師を務めた。

 児童たちは町内の花卉(かき)農家のほ場を見学。その後、教室に戻ってフラワーアレンジメント教室に臨んだ。

 地元産のカラーやトルコギキョウなどを使い作品を作り上げていった。