いわき駅北口開発...「駅直結病院」検討 いわき市とJR東日本

 

 いわき市とJR東日本が計画するいわき駅北口の開発で、整備が検討されている病院は駅直結型とする方向で調整されていることが29日、分かった。同日開かれた開発に伴う都市計画変更の説明会で同社が示した。

 同社によると、駅に直結する病院は全国的に珍しい。2階部分に駅のデッキにつながる玄関の設置を想定している。公共交通利用者や高齢者らの利便性向上を目指す。2025年ごろの整備完了を目指している。市は、病院利用者や救急車の安全確保などに向け、周辺道路の拡幅も進めている。