平沢復興相「福島県人として職責果たす」 双葉郡4町長と会談

 
伊沢町長(左)らと会談する平沢氏(右)

 平沢勝栄復興相(福島高卒)は30日、本県を訪れ、浪江、大熊、富岡、双葉の4町長と会談した。

 いわき市で行われた伊沢史朗双葉町長との会談で平沢氏は「大臣であると同時に、福島県人として町長でもあるという気持ち」「東京選出だが、県民、双葉の皆さまからも選んでもらったという気持ちで職責を果たしたい」などと述べ、県民に寄り添い復興を推し進める姿勢をアピールした。

 各町長からは帰還困難区域の復旧・復興に向けた工程を早急に示すことや、中心市街地の再生に向けた予算確保などを求める声が上がった。

 平沢氏は報道陣の取材に同区域全域の見通しを示す時期について「はっきり言うことはできない」と述べ、明言を避けた。