福島県、新たに郡山の2人「感染」確認 新型コロナ、計253人

 

 県は30日、郡山市に住む会社員で30代の男女2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。9月29日に陽性と判明した。軽症で入院中。県内の感染確認は2日ぶりで計253人となった。

 男性は26日に発熱やだるさ、女性も同日に発熱や頭痛の症状が出た。2人に関連はなく、それぞれ同居家族が濃厚接触者に当たる。2人とも陽性患者との接触は確認されておらず現時点で感染経路は不明という。

 県内ではこれまで、感染経路が不明な感染者の割合が全体の30%台で推移してきたが、9月22~28日の1週間は44%に上昇した。

 県は「人の移動が活発になったことで、感染リスクが高まったことが考えられる」として、改めて感染防止対策の徹底を呼び掛けた。

 県は、9月29日までに陽性患者4人が退院したと発表した。入院中は37人で、うち重症者は1人増えて3人となった。同日県内で行われたPCR検査は過去最多の344件だった。