郡山・2カ所目...「発熱外来」診察開始 PCRセンターも開設

 
診療を開始した市発熱外来

 郡山市は1日、同市の星総合病院敷地内に市内2カ所目となる市発熱外来診療所を設置し、診察を開始した。併せて、検査拡充のため同病院と南東北第二病院の同診療所内に「PCRセンター」を開設した。市によると、センターの開設により1日当たりの検査件数はこれまでと比べて3倍の最大約260件となる見込みで、秋冬のインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行に備える。

 市によると、現在はPCR検査の設備がないかかりつけ医を受診した場合、検査を受けるためには市発熱外来診療所や帰国者・接触者外来で再び診断を受ける必要があった。今後はかかりつけ医が直接センターに検査を依頼することができるため、受診から検査まで円滑に進む効果が期待される。

 発熱外来の診察を受けるには帰国者・接触者相談センターからの紹介などが必要。時間は平日午後2時~同4時。