福島市消防職員が初入賞 全国意見発表会、防災講話テーマ

 
全国消防職員意見発表会で入賞した菅野さん

 福島市消防本部消防総務課の消防士長菅野(すげの)弘晃さん(33)が、第43回全国消防職員意見発表会に出場し入賞した。全国発表会に本県から出場したのは11年ぶりで、福島市消防本部からは初めて。菅野さんは、防災などをテーマに各地で行っている講話について意見発表した。「入賞を励みに、これからも講話を続けていきたい」と話している。

 菅野さんは東北支部代表として全国発表会に出場。全国発表会は新型コロナウイルスの影響で動画の送付による発表となり、9月に審査結果が発表された。

 同消防本部で1日、表彰式が行われ、菅野辰之消防長が菅野さんに表彰状を手渡した。2歳と0歳の子どもを持つ菅野さんは「子育て世代のお父さん、お母さんに、防災についてちょっと考えてもらう機会をつくりたい」と今後の活動に向けて意欲を語った。