乗合タクシー運行開始 路線バス廃止や減便受け、郡山の2地域

 
西田町、田村町での乗合タクシーの運行開始を祝った出発式

 郡山市は1日から、市内の西田町と田村町で乗合タクシー(デマンド交通)の運行を開始した。

 それぞれの地域の路線バスが廃止されたり、減便されたりしたことを受けての対応で、西田町は全域、田村町は3地区に分けて運行し、地域住民の移動手段を確保する。

 出発式は同日、西田行政センターで行われた。郡山地区ハイヤータクシー協同組合の古川善一専務理事は「感染症の影響で家に閉じこもりがちな人もいると思う。自宅の近くまで迎えに行けるので、バスを使っていなかった人も活用してほしい」とあいさつした。

 乗合タクシーは、前日までに予約して利用する方式をとる。それぞれの地域で住民の自宅と主要な目的地の間を結ぶ形で運行する。

 大人は500円、高校生以下と障害のある人は250円、未就学児は無料。予約受付時間は午前8時~午後5時となっている。

 西田町では、JR郡山駅東口などを主要な目的地とし、平日各8本、土曜日2本を運行する。

 田村町では、高瀬、守山・守山西部、二瀬・谷田川の3地区に分けて運行する。高瀬地区はヨークベニマル金屋店を目的地として月、水、金曜日に各4本を運行。守山・守山西部地区と二瀬・谷田川地区は、JR磐城守山駅などを目的地とし、平日4本ずつ、土曜日に2本運行する。

 予約番号は西田地区(電話024・923・1200)、二瀬・谷田川地区(電話024・943・2878)、高瀬地区と守山・守山西部地区(電話024・944・7311)。