重機の下敷き46歳男性が死亡 休耕田に「転落」...作業中事故か

 

 4日正午ごろ、二本松市の休耕田で、同市、会社員、男性(46)が小型油圧ショベルの下敷きになったと、家族から119番通報があった。男性は全身を強く打ち死亡した。

 二本松署によると、男性は1人で重機を操作、作業中にあぜ道下の休耕田に転落したとみられる。同署が原因を調べている。