郡山で市中感染か?福島県で突出累計80人 9月の経路不明半数

 

 郡山市で新たに4人の新型コロナウイルス感染が確認され、同市の累計は80人となった。県内で突出して多い状況に、朝倉陽一郡山市保健所次長は「市中で感染が起こっている可能性があり、市民の誰もが感染する状況」と述べ、感染防止対策の徹底を訴えた。

 朝倉次長は発熱や呼吸器症状が出た場合、出勤や登校、市民活動への参加を控えるよう呼び掛け「これはマナーではなく他者に対する責任」と強調。症状があればすぐに医療機関を受診することが重要とした。

 9月末までに感染が確認された同市の67人を経路別にみると、陽性者と接触ありが36人(54%)、接触はないが感染拡大地域への移動歴ありが9人(13%)、接触や移動歴もない不明が22人(33%)。

 9月分に限ると、接触ありが15人(47%)、移動歴ありが2人(6%)、不明が15人(47%)で、朝倉次長は「明らかに感染経路不明の割合が増えている」と市中感染の可能性に言及。ただ、県内で突出して多い理由については「経済活動の活発さなどが関係すると思うが、因果関係の分析は進んでいない」と述べるにとどめた。