「感染者への誹謗中傷やめて」 内堀知事、対策のマイナス要因

 

 内堀雅雄知事は5日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症への対応を巡り「保健所が感染された方に聞き取りしても、話すのを嫌がる傾向が強い。話してくれても、表に出すことをやめてほしいと言われる」と述べ、感染者への誹謗(ひぼう)中傷が新たな感染を防ぐ対策を講じる上でマイナス要因になっているとの認識を示した。

 内堀知事は「他県でも同様と聞いている。陽性になりたくてなった方はいない。誹謗中傷はあってはならないし、根拠のないうわさをネットに流すのは絶対にしてはいけない。皆で思いやりを持って接していただけるよう、これからも訴えていく」と強調した。