伊達の住宅から男「逃走」 覚醒剤取締法違反事件で家宅捜索中

 

 6日午前8時ごろ、覚醒剤取締法違反(譲渡)の疑いで宮城県警が逮捕状を取り、家宅捜索していた福島県伊達市の住宅から、住人で容疑者の30代男が逃走した。宮城、福島両県警が計約280人態勢で行方を捜し、周辺住民に警戒を呼び掛けている。

 宮城県警によると、午前7時40分ごろから、捜査員6人で捜索を開始。うち1人が男のそばにいたが、男は自宅窓から靴を履かずに逃げた。捜索前の身体検査では凶器は持っていなかった。

 男は身長約170センチ、やせ形、金髪。黒っぽい長袖Tシャツと灰色のスエットパンツを身に着け、黒縁眼鏡を掛けていた。現場は住宅街の一角で、近くには伊達小がある。