「救急・総合診療科」開設 安定した地域医療へ、郡山・南東北病院

 

 郡山市の総合南東北病院は1日、救急診療と総合診療の両部門の医師が共同で患者を診る「救急・総合診療科」を開設した。

 同院によると、短時間に診断が難しい患者や複数の臓器に問題がある患者に対しても、より迅速で適切な初期診療が可能になるという。

 同院は今後、救急・総合診療科を研修医の教育にも生かしていく考えで、「安定した地域医療の提供に寄与したい」としている。