海保ヘリから「部品落下」か? 福島県上空など飛行時の可能性

 

 海上保安学校宮城分校は6日、第2管区海上保安本部仙台航空基地所属のヘリコプターの金属製アンテナ(長さ約35センチ、重量5グラム)を紛失したと発表した。5日に本県上空などを飛行した際に落下した可能性もあり、同分校が原因を調べている。けが人や被害の情報は入っていないという。

 同分校によると、ヘリは5日午前10時25分、教官の飛行訓練のため宮城県岩沼市の仙台空港を離陸した。同県内を経由して本県に入り、新地町、相馬市、南相馬市の上空を飛行、午後0時25分に同空港に戻った。

 6日朝になって機体を点検した際、ヘリの下部にあるアンテナが折れ、紛失していることが分かった。

 5日朝にパイロットらが点検したが、アンテナが付いていたか気付かなかったという。仙台空港などでは部品は発見されていない。