「観光お待ちしてます」 新潟女将の会、福島県を訪問

 
新潟観光や温泉巡りを呼び掛ける「新潟女将の会」の高橋会長(前列右から3人目)ら

 福島、新潟、山形3県共同宿泊割引キャンペーンを受けて、新潟県旅館ホテル組合の「新潟女将(おかみ)の会」は7日、本県を訪れ、新潟の温泉地や観光地のPR活動を展開した。高橋はるみ会長(湯沢温泉・雪国の宿高半)は「新潟は美しい自然やおいしい日本酒、新米など魅力がたくさん。隣県の福島の皆さんをお待ちしている」と呼び掛けた。

 新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要喚起のため、3県による相互利用を企画した。キャンペーンは今月31日までで、3県が実施している宿泊割引事業の共通利用ができる。PR活動には同会のおかみ11人のほか、新潟県旅館ホテル組合の金子春子専務理事、同県観光協会の桜田哲也、五十嵐幸弥両課長代理らが訪れた。

 同会は7日、県庁で内堀雅雄知事を表敬訪問した。