「農福連携」へ体験会 農業で障害者の活躍推進、福島で意見交換

 
葉摘み作業を体験する参加者たち

 障害のある人が農業に携わる「農福連携」を推進する福島市は、同市の果樹園などで体験会を開き、参加者が農福連携について理解を深めた。

 障害者を雇用する事業所や福祉施設の利用者が参加した。県授産事業振興会、全農県本部などが協力して7日までに開かれ、農福連携に取り組む同市土船の宍戸助雄さんの果樹園で仕事の内容を学んだ。実際にリンゴの葉摘み作業を体験した。

 体験後は懇談会を開き、市の取り組みや連携への課題について意見を交わした。

 あづま授産所の松崎哲也さんは「地域の触れ合いや交流があり、利用者も楽しんでいる」と連携のメリットを語り「作業の中ではミスもあるので目配りや指導も必要になってくる」と、より良い関係の構築へ意見を述べた。