郡山でアパート火災、男性1人死亡 木造2階建ての一室から出火

 

 8日午前6時35分ごろ、郡山市の無職男性(72)方から出火、木造2階建てアパートの一室の床など約30平方メートルを焼いた。焼け跡から男性の遺体が見つかった。郡山署は福島医大で司法解剖を行い、死因を調べる方針。

 同署や郡山地方消防本部によると、男性は1階の一室で、1人で暮らしていたという。燃え方が激しかった居間で遺体が発見された。同消防本部は、同室には住宅用火災警報器が付いていたとしている。同署などが原因を調べる。