PCR検査、初日は34店舗128人申し込み 郡山の飲食店従業員

 

 郡山市が郡山駅周辺の接待を伴う飲食店の従業員に実施するPCR検査の受け付けが8日始まり、初日は34店舗から128人分の申し込みがあった。市は13日から検査を始める。市は対象を駅前1丁目と駅前2丁目、中町、大町1丁目のキャバレー、スナック、クラブなどとしていたが、接待を伴う飲食店の従業員が多く利用する店に限り、居酒屋などの飲食店も加える。

 県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は8日、郡山市での感染拡大についてマスクを外して大声で会話をするなど感染防止対策に不備があると指摘した。

 県内の7日現在の感染者34人のうち郡山市が30人を占める。同市で9月以降に感染が分かった3分の1程度が「夜の街関連」であり、金光氏は「(感染対策を徹底している)99%の人の努力を無駄にしてほしくない」と強調した。