本宮・旧縫製工場「全焼」...東側1階が火元か 出火原因特定へ

 

 本宮市で8日夜、旧縫製工場を全焼した火災で、出火元が工場内の東側1階とみられることが9日、郡山北署本宮分庁舎などへの取材で分かった。

 同分庁舎や安達地方消防本部によると、工場東側1階の燃え方が激しかったという。また付近の防犯カメラによると、工場東側から炎が見え始め、その後、西側に燃え移ったとみられる。同分庁舎が出火原因の特定を進めている。