「米粉入り喜多方ラーメン」10月10日発売!もっちり食感が特徴

 
新商品の「米粉入りもっちり喜多方ラーメン」

 JA会津よつばは10日から、会津地方八つの農産物直売所と郡山市のJA農産物直売所「愛情館」で、会津産米粉を使った新商品「米粉入りもっちり喜多方ラーメン」の販売を始める。米粉独特のもっちりとした食感が特徴だ。

 同JA独自の6次化商品で、会津産の米粉と県産の小麦粉を使っている。会津産米の消費拡大と直売所の売上向上を狙って開発した。長谷川正市組合長ら役職員が試食し、改良を重ねた。

 小麦粉麺のコシを生かしつつ米粉のもっちり感が加わった麺に、あっさりとしたしょうゆ味と食べ応えのあるみそ味のスープが絡む。同JAの担当者は「JA会津よつばを代表する6次化商品となるよう、県内外へのPRや販路拡大に力を入れたい」と意気込んでいる。

 しょうゆ、みそともに価格は3食入り1袋420円。問い合わせは同JA園芸課(電話0242・83・3738)へ。