「林野火災」備え訓練...ドローン活用 広野・帰還困難区域想定

 
林野火災を想定した大規模火災対応訓練

 県と双葉地方消防本部は9日、広野町で帰還困難区域の林野火災を想定した大規模火災対応訓練を行った。

 県や関係市町村、県内各地の消防本部などから約230人が参加。林野火災が発生し、強風で燃え広がったとの想定で実施した。地上消火隊による消火活動や小型無人機(ドローン)を使った上空からの延焼状況の確認、最新鋭の遠距離大量送水システム車の活用など、万一の事態に向け連携を確認した。