「雄国沼」を清掃登山 北塩原、喜多方市山岳協議会

 
雄国の自然と伝説を語る山口さん(左)

 喜多方市山岳協議会は11日までに、北塩原村の雄国沼周辺の清掃登山をした。

 同協議会が長年続けている事業で、同市役所、同村役場、エーデルワイス山岳会、わらじ山岳会、環境省熊倉登山部などの関係者が参加。雄国沼周辺の木道、雄国山などを歩いてごみ拾いをした。

 雄国沼休憩舎で県自然保護指導員の山口恒憲さんが雄国の自然と化け猫の伝説の話をした。

 帰りは江戸時代に雄国沼から熊倉地区に水を引いた開拓者大塩平左衛門が通ったという北峠を散策し、前滝を見学した。