「ふくしま手帳2021」発売 福島県の多彩な情報掲載

 
(左から)鈴木さん、伹野さん、武野さん

 日進堂印刷所(福島市)は、福島県の多彩な情報を掲載した「ふくしま手帳2021」を発売。

 今回は来年の干支うし年にちなみ赤べこ特集を組んだ。県内各地で50件、60種類の赤べこの関連商品などを掲載している。厄よけや厄払い、食べ物を紹介するページも設けた。

 定価1200円でB6判、168ページ。県内の書店、コンビニ、日本橋ふくしま館ミデッテなどで取り扱う。表紙はリバーシブル仕様で、同社ホームページから好きなデザインの表紙をダウンロードできる。

 南沢武志営業第1部長は、福島民友新聞社の取材に「カラーページを巻頭に配置し朝ドラエールの撮影地なども紹介している」とPRした。武野ふたばさん、伹野夏海さん、鈴木里彩さんらが同席した。