福島市消防団の学生組織誕生 動画使い活動内容を紹介

 
ユーチューブで活動を紹介する動画

 福島市消防団に1日、学生でつくる新組織が誕生した。発足に合わせて学生団員の活動を紹介する動画を作成し、イオンシネマ福島でCMとして放映しているほか、ウェブサイト「ユーチューブ」で公開している。

 学生団員は、通常の消防団員とは違って火災などの災害現場には出動せず、後方支援を行う。活動は、火災予防や入団促進、消防団イベントでの広報活動など。大規模災害が発生したときには、避難所の支援活動にも取り組む。年間5~10回程度を想定している。

 動画は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で思うような活動ができない中、学生団員の初仕事として自らの活動を紹介する動画を作成した。若い力と柔軟な発想が盛り込まれた内容となっている。