特産『会津湯川米』魅力を動画や新聞で 「お米の分布図」で解説も

 
五ツ星お米マイスターの西島さん。湯川村の新米アピールに一役買う

 湯川村は新米が店頭に並ぶ時期に合わせ、特産の「会津湯川米」のおいしさなどを動画や新聞で伝えるPR事業を展開する。東京都の米穀店「スズノブ」の社長で、品質や特徴などに精通した「五ツ星お米マイスター」として活躍する西島豊造さんが協力する。

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止した「新米祭」の代替企画。西島さんは「もっちり(夜ごはん)」「あっさり(朝ごはん)」の縦軸と「軟らかい」「硬い」の横軸で4分割されたグラフにコメを分類する「お米の分布図」を用いた説明に定評がある。

 西島さんが新米(コシヒカリ)を試食し、特徴やお薦めのおかずなどについて語る様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開するほか、福島民友などの新聞広告で魅力を伝える。村は「社会的影響力の大きいインフルエンサーによる新米のPR事業を通じて、まだ食べたことがない人たちにも興味を持ってもらいたい」と期待を寄せる。