安達太良山「紅葉」見ごろ!赤や黄色に染まる『錦秋パノラマ』

 
秋空の下、紅葉の大パノラマが広がる安達太良山=14日午前9時40分、二本松市・薬師岳の展望台

 日本百名山に数えられる安達太良山の紅葉が見ごろを迎えた。山腹全体がじゅうたんを敷き詰めたように赤や黄色に染まり、ハイカーや行楽客が錦秋を存分に味わっていた。

 ロープウエーを運行するあだたら高原リゾートによると、9月末ごろからナナカマドやカエデなどが色づき始め、ここ数日の冷え込みで紅葉が一気に進んだ。

 紅葉が始まって以降、雨の日が続き、14日は久しぶりに晴れ間が広がった。待ちに待った紅葉狩り日和とあって、県内外から大勢の登山客や行楽客が訪れ、ロープウエーの切符を買う人の列が200メートル以上できるほど。時折厚い雲が日差しを遮ることもあったが、薬師岳では、上八幡滝の周辺や勢至平などが燃えているように見える美しい大パノラマを楽しんでいた。