510万円横領疑いで元従業員逮捕 福島・パチンコ店から売上金

 

 福島北署は15日午前10時25分ごろ、業務上横領の疑いで、本籍福島市、住所不定、無職、容疑者男(65)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月5日、当時従業員として勤務していた福島市のパチンコ店で、店舗内に保管してあった売上金など現金510万1000円を横領した疑い。

 同署によると、容疑者は当時、売上金の回収や管理業務に従事していた。同署は3月に店側から届け出を受け、捜査を進めていた。