災害時に相互応援へ 喜多方市と東京・中野区が協定

 
オンライン形式で協定を結んだ遠藤市長(右)と酒井区長

 喜多方市と東京都中野区は15日までに、災害時における相互応援に関する協定を結んだ。

 生活必需品や物資の供給、被災者の受け入れ、災害復興時の職員派遣などで互いに協力する。

 同市と同区は2009(平成21)年から里まち連携自治体として交流を続けている。同区がほかの連携自治体と同様の協定締結を行っているため、実現した。

 同日は市役所と区役所でオンライン形式の締結式が行われ、遠藤忠一市長と酒井直人区長が協定書を交わした。