福島県、新たに「15人」感染確認 新型コロナ、80代女性が死亡

 

 県は16日、県内で15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。郡山市に住む10~70代の男女6人と南会津町に住む10歳未満から30代の男女2人、大玉村の30代男性、福島市の40代男性、いわき市の50代男性、本宮市の40代男性、会津若松市の40代男性、須賀川市の30代女性、石川町の50代女性の感染が分かった。15人は1日の感染者数として過去最多。感染して入院していた県内の80代女性が15日亡くなった。新型コロナで入院中の患者が死亡したのは県内6人目。