浜通り新土産!カスタードプリン発売へ 松永牛乳など共同開発

 
17日発売の「まつなが牛乳カスタードプリン」

 牛乳冷菓製造販売の松永牛乳(南相馬市)など浜通りの3社が、松永牛乳の牛乳をふんだんに使った「まつなが牛乳カスタードプリン」を共同開発した。同社の井上禄也社長(47)は「福島の牛乳のおいしさを味わってほしい」と語り、浜通りの新たな土産品として売り出す考えだ。17日に販売が始まる。

 開発は、経済産業省が原発事故の被災12市町村の事業者を対象に行う6次産業化に向けたマッチング支援事業の一環。地域商社いわきユナイト(いわき市)が開発支援や販路開拓など、食品製造業いわき遠野らぱん(同)が製造を担当した。

 プリンは、滑らかな舌触りと濃厚な卵の風味が特徴で、牛乳瓶をイメージしたデザイン。保存料を使っていないものの、いわき遠野らぱんのレトルト技術を活用したことで常温で「賞味期限4カ月」を実現したという。いわきユナイトの田子哲也社長(51)は「おいしさはもちろん、常温で日持ちするので手土産に最適」と話した。

 1個380円(税別)で道の駅南相馬(南相馬市)セデッテかしま(同)道の駅なみえ(浪江町)常磐道四倉パーキングエリア(いわき市)ブルーシュエット(同)裏磐梯レイクリゾート(北塩原村)で販売する。いわきユナイトが運営するオンラインストア「ふくしま!浜・中・会津のお取り寄せ」でも購入できる。問い合わせはいわきユナイト(電話0246・38・5255)へ。