ジュディ・オングさん、ポリオ根絶への思い語る 福島で講演会

 
ポリオ根絶や名曲への思いを語るジュディ・オングさん

 福島ロータリークラブ(RC)は18日、創立70周年記念事業として、国際ロータリーのポリオ根絶大使を務めている歌手で女優、木版画家のジュディ・オングさんを招いた講演会を福島市で開いた。ジュディ・オングさんは大ヒット曲「魅せられて」を巡る思い出や、版画制作への思いを語りながら「やってみること、挑戦することが人生では大事だ」と強調した。

 ジュディ・オングさんは「輝いて生きる」と題して講演。日本レコード大賞を受賞した「魅せられて」を作曲した筒美京平さんが今月亡くなったことに触れ「『魅せられて』は歌手としての命を吹き込んでくれた曲だ。いつまでも歌い続けていきたい」と語り、万里の長城でこの曲を披露した際のエピソードなどを紹介した。歌手、女優として多忙を極める中、時間をつくって版画制作を続け、日展特選を受賞するに至った経緯も話した。

 ポリオは感染するとまひを起こし、重症化すると死に至ることもある。一時は125カ国で症例が確認されていたが、現在はアフガニスタンとパキスタンの2カ国のみという。講演に先立ち、福島RCの五阿弥宏安会長(福島中央テレビ社長)が「世界のポリオ根絶までもう少し。根絶へ理解を深めてもらいたい」とあいさつした。