内藤選手3位...「精神的に成長」 ゴルフ・日本オープン選手権

 

 18日に行われたゴルフの日本オープン選手権最終日で3位と躍進した内藤寛太郎選手(日大東北高卒)。終盤まで優勝の行方が分からない僅差の戦いを繰り広げた内藤選手に大会の総括を聞いた。

 ―大会を振り返って。
 「日本オープンは3回目の出場。自分のゴルフができればと思っていた。ティーショットが良くなくても前を向けた。パターが良かった」

 ―自己最高位となる3位という成績について。
 「気負うこともなく、いいゴルフができていた。オフに取り組んできたトレーニングは間違っていなかった。(優勝を)狙える位置にいたのでスコアを伸ばして優勝したかった」

 ―大会を通して安定したゴルフをしていた。
 「以前はティーショットが曲がったときに焦っていたが、切り替えて臨めた。精神的にも成長できた」

 ―県民に向けて。
 「県民の皆さまには今までずっと応援していただいたので今回も頑張ることができた。福島をもっと盛り上げられるように頑張りたい」