クマ、イノシシ...行動『分析』 集落環境診断、鳥獣被害防止へ

 
地域を巡る専門家と住民ら

 県生活環境部は18日、会津美里町の八木沢地区で、クマやイノシシなどの行動を分析する集落環境診断を実施した。住民らが専門家と共に地域を巡り、鳥獣被害防止に向けて対策を考えた。

 住民らは2グループに分かれ、山際に沿って設置された電気柵の周辺などを点検。野生動物が隠れることができる場所や通り道などを確認した後、対策を話し合った。

 今年は、地区周辺でイノシシによる畑の掘り起こしなどの被害が目立つという。児島宗一区長は「イノシシなどが入って来られない環境をつくることで、地域を歩く人の安心につなげたい」と話した。