「中合空きビル」活用へ福島市会予算可決 12月オープン見込み

 

 福島市議会は20日、緊急会議(臨時会)を開き、8月に閉店した中合福島店が入居していた空きビル(辰巳屋ビル)の1階を商業スペース、2階を交流・展示スペースとして活用する事業の予算3400万円を含む総額4億6000万円の一般会計補正予算案を原案通り可決し閉会した。

 市によると、1階はスーパーマーケットを運営する「いちい」が入居予定で、12月のオープン見込み。2階は古関裕而の展示や復興PR展示、多目的スペースとしてにぎわい創出を図る。