「フラガールズ甲子園」国内外24校参加!オンラインで11月開催

 

 オンラインで11月15日に開催される「2020フラガールズ甲子園オンライン・フェスティバル」に1都9県とハワイから計24高校の出演が決まった。

 NPO法人フラガールズ甲子園が21日、いわき市で記者会見し、発表した。

 同NPOは2011(平成23)年から、高校生のフラダンス日本一を競う「フラガールズ甲子園」を開催してきた。今年は、新型コロナウイルス感染対策として延期を決めたが、高校生の成果を発表する場としてオンライン発表会を企画した。ハワイからの参加は3校。これまでの大会では、ハワイからのゲスト参加はあったが、エントリーは初。

 各チームが事前に収録したフラダンスやタヒチアンダンスなどの映像約6分間を、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」で上映する。上映前後に各校の代表者がチームの紹介や踊りに込めた思い、目標などを、ズームを通して発表する。初代フラガールがコメンテーターを務める予定。午前11時~午後4時に動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで視聴できる。問い合わせはフラガールズ甲子園実行委事務局(電話0246・68・8282)へ。