バス経路...『AI』がナビ 会津乗合自動車、予約状況基に判断

 
専用アプリ「My Ride」の予約画面のイメージ

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)は22日、バスの予約状況を基に人工知能(AI)が最適な経路やダイヤを判断するシステム「ダイナミックルーティング」を導入すると発表した。会津オリンパス(会津若松市)の協力で、従業員の通勤向けとして27日に運行を開始、課題を検証した上で市民向けなど対象を広げる考えだ。

 システムは、交通関連ソフトウエアの開発を手掛けるヴィア・モビリティー・ジャパン(東京都)が開発した。国土交通省の新型輸送サービス導入支援事業に採択されている。両社によると、利用者の希望に応じた柔軟なバス運行が可能になり、高齢者の交通手段の確保やスクールバスの効率的な運行につながる可能性があるという。

 会津バスによると、利用者は専用のスマートフォンのアプリケーション「My Ride(マイ ライド)」から乗り降りする場所と利用時間の希望を登録、AIが登録を基に最適な経路を判断する。1万通り以上から最適な組み合わせを数秒間で計算できるのが特長。既存のバス停以外の場所も「バーチャルバス停」として設定可能で、既存のバス停よりも自宅近くで乗り降りできる。

 アプリをバス停への経路や到着予想時刻、バスの現在地の確認にも使うことも可能。会津バスは「My Ride」を商標登録した。

 会津オリンパス通勤協力し検証

 会津オリンパスは、環境保護のため従業員にバス通勤を促すなどバス利用の意識が高い。利用者は既存のバス停309カ所と、バーチャルバス停147カ所の計456カ所から乗降希望場所を選べる。利用者30人、バス2台で運行を開始し、順次拡大する予定。