元カープ・高橋慶彦さん監修「ホルモン店」人気!福島の飲食店

 
常連客らに囲まれ、「みんなに喜ばれる店にしたい」と笑顔を見せる高橋さん

 元プロ野球選手で広島の黄金期に活躍した高橋慶彦さん(63)が監修する福島市陣場町の飲食店「ホルモン慶彦」が人気を集めている。高橋さんは月に1度ほど店を訪れており、22、23の両日は、顔なじみになった常連客らと親睦を深めた。

 高橋さんは1974(昭和49)年にプロ入り。70年代後半から80年代の「赤ヘル黄金時代」に1番打者としてプレーした。俊足を武器に盗塁王を3度獲得し、79年に樹立した33試合連続安打のプロ野球記録は現在も破られていない。

 本県との関わりは東日本大震災がきっかけ。「被害を受けた福島のために何かをしたい」と、県内を拠点に野球教室などを通じて子どもたちを指導してきた。

 ホルモン慶彦は2017年8月にオープン。店を経営する「Deep」(福島市)の斎藤弘行社長に知人を介して出会い、監修を依頼された。

 店内には直筆サインが入った現役時代の写真も飾られ、県内外から多くのファンが足を運ぶ。

 ホルモンの仕入れは店に一任しているが、メニュー表には「鮮度・食感・おいしさにおいて高橋氏のお墨付き」の文字。高橋さんは22日、常連客と一緒に絶品のホルモンなどに舌鼓を打ち、「みんなが喜ぶ店にしたい」と笑顔を見せた。

 高橋さんの出勤情報は店のホームページなどに紹介されている。日曜日定休。営業時間は午後5時30分~午前0時(金曜と土曜は同0時30分)。