12年連続最高位の認定 モーター代理店、東北自動車販売

 
認定盾を受けた橋本社長(前列中央)ら

 東北自動車販売(白河市)は8月、東京海上日動火災保険からモーター代理店の最高ランク「HIGH QUALITY(ハイ・クオリティ)モーターゴールド」と「スーパーフロンティア」に認定された。認定は12年連続。

 東京海上日動のモーター代理店は全国に約2万店あるが、12年連続で認定されているのは最長で、同社を含め全国で2社のみ。同社は福島市や郡山市などに13拠点を構え、24時間ロードサービスやオイル交換永久無料、リース専門店など独自サービスを展開しており、保険事業態勢の整った高い業務品質や顧客満足度などが評価された。

 認定盾の贈呈式は7日、同社泉崎店で行われ、東京海上日動の中尾誠樹福島支店長が橋本一男社長に認定盾を手渡した。従業員約20人が出席、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」で約40人が参加した。橋本社長は「保険未加入のお客さまを事故から救えなかったつらい思いから、保険の取り組みを地道に続けてきた。今後も保険でしっかりとお客さまをお守りしていきたい」と語った。