山水荘グループ3人目の感染者 新型コロナ、役員の濃厚接触者

 

 役員が新型コロナウイルスに感染し休業している福島市の土湯温泉の温泉旅館「山水荘」は24日、グループの旅館「ユモリ・オンセン・ホステル」の社員1人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。同社の感染者は役員2人に続き3人目。

 山水荘によると、社員は20日に感染が判明した役員の濃厚接触者で、21日のPCR検査結果は陰性だったが、自宅待機と経過観察を続けてきた。23日に自覚症状が出たことから再度PCR検査を行った結果、感染が判明。このほか、役員2人の濃厚接触者で検査の結果陰性だった役員や社員6人は自宅待機とし、経過観察を行っている。山水荘とユモリ・オンセン・ホステルは11月6日まで休業する。