「火遊びしません」防火誓う 郡山地方消防本部が船引保育所に法被

 
法被を着て「火の用心」を呼び掛ける園児たち

 郡山地方消防本部は21日、星総合病院(郡山市)が運営する田村市の船引保育所に法被と拍子木を贈った。

 同保育所は幼年消防クラブとして、幼児期からの防火思想の普及啓発に努めている。長期にわたる活動で、法被が老朽化したことから、新しいものを寄贈することにした。

 贈呈式が同日、同保育所で行われた。今泉英次田村消防署長らが園児たちに法被を着せた。園児たちは「火遊びはしません」と防火の誓いを述べた。

 同消防本部のキャラクター「火まもり君」を囲んで記念撮影し、拍子木を手に「火の用心」を呼び掛けた。消防車両からの放水作業が披露された。