ミラノで川俣3社「シルク生地マスク」販売!ジャパンマスク展

 
イタリア人デザイナーによるオリジナルパッケージ

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、シルク生地を使ったマスクを製造した川俣町の3社のマスクが、イタリア・ミラノで開かれる「ジャパンマスク展」で販売される。福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)が26日、発表した。

 販売されるのは、斎栄織物のシルクマスクなど3点、斎藤産業のミラクルロールマスク、斎脩絹織物のシルク立体マスク。イタリア人デザイナーによるオリジナルパッケージで販売される。

 ジャパンマスク展は11月2日~来年1月29日に開催される。欧州では「息のしやすさ」「柔らかいフィット感」「繰り返し洗える」という3点が重要視されているといい、川俣シルクのマスクを中心に、日本各地で製造されたマスクが販売される。